読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Laravel エキスパート 養成読本」が届きました!

こんにちは

最近はもっぱら Laravel4 やら Laravel5 を行ったり来たりしてる日々です。

そんなある日に、関西のPHP勉強会などでお世話になっている Shin x blog の新原さんから献本どうでしょう、と来たので即答でお願いしますと返しまして今に至ります。

献本ありがとうございます :-)

ただ、まとまって読む時間があまり取れてなくて、まださらっと読んだ感じで、がっつり読んだわけではないです、ごめんなさい。

f:id:at_yasu:20150417111543p:plain

Laravelは4が出た頃から触り始めていますが、最近は Laravel5 がメインになっています。

個人的な昔の話ですが、Pythonを少しさわってた頃やJavaを少しさわってました。その頃はクラスは Namespace = ディレクトリ構成になっており、それに比べてのPHPは、クラスがあるのにnamespaceの扱いがものすごく扱いにくい物と感じてました。しかし、最近は PSR-4のおかげで割りと開発しやすくなり、そしてそのPSR-4に強制的に?対応しているLaravel5は、個人的にすごく使いやすいです。

本は、その Laravel の入門から、IoCコンテナ、EloquentなどのMVC、Laravel5の新機能、アプリケーション作成の実践、といった具合にLaravel4だけではなく、Laravel5の事も書かれています。

Laravelは一部わからん所あるけどそれなりに使いこなしてるかなぁ、という少しあやふやな感じで使っていましたが、この本でそのわからない、わかっていないところを補正できたので、ありがたく感じてます。特に Fasadeとか内部の込み入った所とか。ソースコードを追っかける気があまりないダメな理由なんですが。

そんなLaravelなのですが、Web開発者はこの本を買って Laravel とたわむれるのもいいと思いますよ :-)

www.amazon.co.jp

後でまた書くかも :-p